コ ラ ム

弊社代表の宮口による経営者応援コラム『蒼天記』です。

『蒼天記』は、日頃のコンサルティングの現場で気になるテーマについて、経営者の方々のお役に立てばとの視点から書き下ろすよう心がけております。

皆様の経営の成長拡大、一層の飛躍に向けたヒント、気づきになりますと幸いです。ぜひご一読ください。

(毎週水曜日更新)

コラム更新、各種ご案内、更新情報などを無料メールマガジンとしてメールでお知らせしています。是非ご登録ください。

※いつでもワンクリックで登録を解除できます。

メ ー ル マ ガ ジ ン 登 録

最新のコラム

【第353話】経営という不確かな世界で心に安定をもたらすもの

「10年毎にコレじゃ、たまったもんではありません。でも次のショックも心しておかなければなりませんね」と社長。口元には力が入り、その表情には今後への覚悟がにじみます。

 

経営は不確かな世界であることは言うまでもありません。そして、その事例、歴史をここでお伝えするまでもなく、経営者であれば、表舞台から姿を消すことになってしまった会社、経営者のことは、いくらでも頭に思い浮かぶことでしょう。

 

だからこそ、経営者は、この不確かな世界を生き抜いていくために、必死で舵取りしています。現状を維持するだけでも大変だからこそ、次に備えようと発展を目指しています。

 

そんな際、「これは辛いだろうな」と思ってしまう経営者にお会いすることがあります。ここで“辛いだろうな”とは決して経営状態のことではありません。

 

それは何かといえば、経営者の思想、考え方、生き方…といった類のことです。

 

例えば、とある社長は自社の領域に入ってきた他社を締め出そうと、あらゆる手段を講じます。それはもう法律スレスレ、というよりも社会通念上はアウトの世界です。

 

あるいは、これとは反対に社会派の社長も同様です。今の社会は間違っていて、もっとみんなで仲良く手をつないでやっていくべきだ…といったことです。

 

これらに共通する“辛いだろうな”の原因とは、「自分が正しくて、自分以外が間違えている」と考えていることです。

 

大人になれば分かることですが、今というのもある意味で合理的な均衡で成り立っています。当然のことながら、不確かさ、変化の中で物事は進んでいきますから、その過程で、これまで良かったコトが、時代に合わなくなってくることもあります。

 

しかし、それでも先人方は、そこで諦めることなく歴史を紡いでくれてきたからこそ、今日があります。

 

まず、最初にお伝えしておくべきことは、「自分が正しくて、自分以外が間違えている」という考え方は、未来を切り拓いていくことができる思想ではないということです。

 

なぜそう断言できるかといえば、答えは簡単です。それは、我々はみな「自然法則」という同じ世界を生きているからです。大きな意味で生かされているルールはみな“同じ”なのです。

 

経営者にとって、時に反骨心のような現状否定の感情がパワーになり得ることは否定しません。ただしこれは、負けてたまるか、もっとできるはず、いつか自分も…といった自分自信の成長に対する未来志向なことであって、そのパワーを決して自分以外に向けてはなりません。

 

皆が同じ中で、経営が生き延びていこうとする上での問題は、そこで“違い”が必要とされていることです。

 

ここで「人とは“違う”」を自らの思想に求めると、辛い生き方になってしまいがちです。それは当然です。みんな同じなのに、意図的に違おうとするなど、そもそも無理があるのです。

 

経営上、“違い”を求めるべきは商品・サービスです。ではどうすればその“違い”は生まれてくるのでしょうか…。

 

それはとてもシンプルな法則に基づいています。今を探求すれば、自ずと商品・サービスに“違い”が生まれてくるということです。

 

それがまだ“違い”として見えていないというのは、まだ探求の程度が浅いということなのです。ここで諦めず、心配せず、このまま進めば良いだけです。

 

そもそも“違い”を求めて探求の道を進んでいるのですから、だんだんと“違ってくる”ことで、良いのかな、合ってるのかな、正解?などと不安に感じる必要はありません。

 

例えば、野茂英雄選手のトルネード投法は、他者と違いたい…などと考えて生まれたものではなく、投法を探求した結果、あの姿に至っているということです。

 

ご安心ください。まだ、途中かもしれませんが、まもなく“違い”は生まれてきます。

 

自然法則の世界を生きていますか?

思想ではなく探求の先に“違い”を求めていますか?

コラム更新・お役立ち情報をメールでお知らせします!

メールアドレスをご登録いただくと、コラム更新やコラムではお伝えしきれない情報などをメールでお知らせします。

こちらのページから是非ご登録ください。

メールマガジン登録はこちら